2007年12月17日

渡邊恒雄 メディアと権力/魚住 昭

渡邊恒雄 メディアと権力/魚住 昭




読売のドン「ナベツネ」。
彼の学生時代から現在に至るまでの半生のルポ。

ジャーナリストではなく、
権力に取り付かれた
政治家・謀略家としての彼の本性がよく分かり、

現在もこんな男が権力を握り続けているとは。。。
と本は面白いのに、読後感は最悪。

この本を読めば、読売新聞の見方が変わると思います。

★★★
posted by ちょっと at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ルポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。